FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
09.12

サドル(下ナット)作り

サドル(下ナット)の交換です。
この楽器は表板を外しての修理だったのでその過程でサドルは外れています。
あまり使う意味もないのですが今回は売っているサドル材を使用します。
普段ナットやサドルはいらなくなった指板をカットして使用しています。DSCN5176_R.jpg
幅を合わせて表板とブロック側の角度を合わせます。
新しいバイオリンは縮む可能性があるため幅を合わせる時に少し隙間を作っておきます。
古い楽器でこの部分が割れている楽器が多くあります。
原因は表板とサドルの木目と材質が違うため、表板が縮むのに対してサドルの黒檀は縮まないので割れてしまいます。
DSCN5178_R.jpg
本によると高さは7.5mmとありますが今回は7.0mmで製作します。
この高さによって音の張りや伸びが変化します。
DSCN5181_R.jpg
形を整え磨いて膠で接着です。
今は便利な工具がありますね。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。