FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
12.20

続 横板割れ修理

横板割れ修理のために取り外した表板に割れとはがれを発見。
0291_R.jpg
スタッドが付いているのに開いていたり割れていたり。
オーナー様の了承を取り、こちらの修理もすることになりました。0294_R.jpg
まずはスタッドを取り外し、割れている部分を洗います。
ここれをきちっとしておかないと、接着が弱くなってしまったりニス側に汚れが残って黒い線になってしまったりと仕上がりに影響します。
0298_R.jpg
まずは先ほどの写真で左側の短い方から膠で接着します。
一気にやってしまいたいところですが、段差などができないように一箇所ずつ接着していきます。
0309_R.jpg
つぎに右側(真ん中)の長い方です。
実は膠は乾燥して強度が出るまで最低3~4時間かかるので、この作業は次の日になっています。

横板修理で内側に皮を貼っているところが写真左上に写っています。
0310_R.jpg
横板割れの内側に今回は皮を貼りました。

続きはまた…

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
12.14

横板割れ修理

譜面台に横板をぶつけてしまったらしく割れてしまった横板。
P1020694_R.jpg
表板を外さずに外側から膠で接着して修理も可能ですが、きっちり直して欲しいということで表板を外して修理です。
ヘラを入れて表板を外していきます。P1020695_R.jpg
割れている箇所を内側から見たところです。
P1020699_R.jpg
割れてあまり時間が経っていないため汚れもなくきれいに修理できそうです。
割れた後放置しておくと汚れが入ってしまったり、形が変わったりしてしまうためきれいに修理するのが困難になります。
もし自分の楽器が割れてしまったらあまり触らずに早く楽器店に持って行きましょう。

割れた箇所を洗い、膠で接着します。P1020702_R.jpg

続きはまた…
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。