FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
11.07

ナット溝埋め

指板の上にあるナットの修理です。
使っているうちにナットの溝が深くなり、弦を痛めたり雑音が出たりします。
簡易的に木粉と接着剤で修理することもありますが耐久性はあまりよくないので、今回は黒檀の木片で修理です。

まずは弦を外し、四角の小さい棒ヤスリで溝を削ります。
この時ヤスリを真っ直ぐ動かして削り面が丸くならないようにすることと指板まで削ってしまわないよう注意します。
V時の溝の先端はヤスリで削っただけでは丸いのでノミで削ります。P1030356.jpg
次に直角に削った黒檀を接着します。
P1030358.jpg
しっかり接着できたらノミとヤスリで削っていきます。
サンドペーパーの番手を徐々に細かくしていきコンパウンドで仕上げます。
P1030364.jpg
他の3弦とのバランスを見ながら丸棒ヤスリで新しい溝をつけて終了です。

普段からナットと駒の溝にはやわらかい鉛筆を塗っておくと摩擦が減り削れにくくなります。


調布ヴァイオリンHPへ
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。